5E1C7B76-7A73-4A52-903A-60307E2471EC
ハイエナ系のトラブルが多そう・・・


・ニュースサイトから

新型コロナウイルス感染拡大による昨年春の緊急事態宣言時には、多くのパチンコ店が休業。その後、パチンコ店の売上も減少傾向にある。そんな苦境に立つパチンコ業界の中で、数少ない希望の光として期待されているのが、パチンコ機の「遊タイム」という機能だ。

「遊タイム」とは、一定の回転数大当たりが引けなかった場合、「時短」と呼ばれる状態に突入する機能のこと。「時短」とは、大当たり確率はそのままだが、持ち玉をほとんど減らさずに遊技できる機能。つまり、「遊タイム」に突入すれば、追加投資がほとんど必要ない状態で、大当たり抽選を受けられることとなるのだ。パチンコ業界に詳しいライターの藤井夏樹氏が説明する。

「2019年末に、パチンコ機メーカーの業界団体・日工組(日本遊技機工業組合)の内規が改定され、“遊タイム”の機能を搭載する機種が認められる用意なりました。2020年4月から、遊タイム搭載機種が続々とホールデビューしており、最近の新機種では遊タイム搭載が当たり前になっています」

 遊タイムに入ったからといって、次の大当たりが必ず引けるわけではない。

「遊タイムにおける時短回数は“低確率状態での大当たり確率の分母”の3.8倍以内と定められています。例えば、大当たり確率319分の1の機種であれば、遊タイムの最大回数は1212回転。また、機種によって遊タイムの最大回数は異なっていて、大当たり確率319分の1でも、遊タイム最大回数が100回という機種もある。そして、規定の遊タイム回数以内に大当たりを引けなければ通常時に戻り、さらにその後次の大当たりを引くまで遊タイムには突入しません。あくまでも、一定の回転数の間、出玉が減らないだけの機能ということです。

「台選びが簡単になった」「ヤメ時がわからない」

 遊タイム搭載機種が導入されてから1年以上が経った。パチンコユーザーたちは、どう感じているのだろうか。

 パチンコ歴20年以上のAさん(男性/40代)は、再び、自身の中のパチンコ熱が盛り上がっているという。

「ここ1年くらい出玉速度の速い機種なんかも増えてきて、どんどん刺激的になっている気がします。それはそれで面白いのですが、一方で遊タイム搭載機種が増えたことで、遊びやすくなっているのも事実です。遊タイムがある機種であれば、大当たりを引くまでの投資を抑えることができるので、あまりお金を使いたくないときなんかは助かります。あと、『遊タイムまであと何回転か』みたいなことを考えながら打てるのは、気持ち的にもラク。いままでなら、『あと何百回転も回して当たらなかったらどうしよう……』って不安になることも多かったですからね」


中略

遊タイムには、メリットもあればデメリットもあると、藤井氏は話す。

「遊タイム自体は、ユーザーが得をする機能ではあります。でも、遊タイムが搭載されると、その分だけほかの出玉性能が抑えられてしまうのも事実です。トータルの出玉性能としては、以前とそこまで変わっていないと考えるのが自然だと思います。

 一方で、遊び方が多様になったのは間違いない。それこそ遊タイムを狙ってハマっている台ばかりを打つ、などという遊び方も成立するようになりました。ただ、パチンコ店をウロウロしながら、打てる台を探している遊タイム狙いのユーザーに対して、不快感を覚えているユーザーもいます。そういったユーザーは“ハイエナ”などと呼ばれていて、ときにトラブルに発展することもあるようです」

 さらに、遊タイムの登場で、機種の多様性が増しているという。


・全文と引用元  https://news.yahoo.co.jp/articles/ee391de377d67c9ddadcf4f9f3c5928d24903870?page=1

トラブルだけは避けたいところだけど、遊タイムはしゃーないのかもわかんね・・・