DC62AE17-3689-44E8-BCF8-C47F1426230F
このままだと潰れるのを待つだけだもんな…

 


今年2月以降、県内の中小を中心にパチンコホール5店舗が閉店、廃業したことが20日、県遊技業協同組合(理事長・井上静夫マルヰ会長)への取材で分かった。組合によると、多くが新型コロナウイルスの感染拡大に伴う経営悪化が原因とみられ、さらに村山地方の1店舗が今月末での閉店を予定しているという。マスク着用やこまめな消毒などの感染防止策を徹底しているものの、客足は回復しておらず厳しい状況が続いている。  組合には県内で営業する全パチンコ・パチスロ店が加盟し、今年1月時点の会員数は96店舗だった。遊技人口が減少傾向にある中、新型コロナが国内で確認されて以降、県内でもさらに客足が遠のいた。2月に南陽市、4月に村山市、6月に鶴岡市で各1店舗が営業を停止。新庄市で1月から休業していたホールも7月に閉店を選択した。ある経営者は「回復が見込めない」と将来を悲観し、事業継続を断念したという。村山市の別のホールも土地の賃貸契約満了を機に6月で営業をやめている。

 新型コロナを巡って、組合は県からの営業自粛要請に従い、会員に対し4月25日から5月10日まで休業するよう通知、全店が協力した。解除後は「3密」回避、入店時の手指消毒、マスクの着用、遊技機の消毒などを徹底し、営業再開している。しかし客足は6~8割程度までしか戻っていないという。  土曜日にディスパス天童店(天童市)を訪れると、開店直後からマスクを着けた客が遊技を楽しんでいた。各席は透明なシートで仕切られ、パチンコ台のハンドルや椅子、両替機、自動ドアのボタンは、客が遊び終わった後にスタッフが拭いて回っていた。1時間に1回は大型換気扇4基を動かし、店内の空気を入れ替えるなど、さまざまな対策を講じている。  組合は、会話をしない、大声を出さないといったパチンコ・パチスロの特殊性を挙げ、全国的にもクラスターの発生がない点を強調する。井上理事長は「各店はスタッフの数を減らすなどして、なんとか営業しているが、中小・零細ホールにとっては厳しい状況だ。組合はガイドラインを作りコロナ対策に取り組んでいる。依存症対策や受動喫煙防止策も実施しており、安心して遊んでもらえる環境が整っている」と話している。

ソース https://news.yahoo.co.jp/articles/7c75f54d0837d68eb225c23de431f4e5a89ec94c

逆転の一手なんぞないやろ、このまま大手しか残らないんじゃないのかな…